東京でおすすめのDM発送代行業者をランキング形式でご紹介!口コミで評判の高い業者を徹底比較!

失敗しないDM発送代行業者の選び方とは?判断基準をご紹介!

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/06/14


売り上げアップのためにDMを発送したいが、どの発送代行業者を選んだらよいのかわからない。そんなお悩みを持つ方も多いと思います。せっかく業者に発注するからには、売り上げ貢献してくれる業者に頼みたいですよね。この記事ではDM発送で失敗しないためのDM発送代行業者の選び方と、その判断基準をご紹介します。

DM発送業務を一括で委託できるか

DM発送業者を選ぶ際にポイントのひとつになるのが、発送業務を一括で委託できるかという点です。DMの発送業務には、デザイン・印刷・封入作業・宛名印字・発送など多くの工程が存在します。もし、これらの作業をそれぞれ別の会社に委託すると、事務手続の手間が増えるだけでなく、コストも余分にかかってしまいます。DMにかかわる業務を一括して委託できる業者を選ぶことが、コスト削減と作業負担の軽減に直結します。また、ひとつの会社に一括委託することで、変更点やトラブルがあった場合の対応も迅速になります。

発送したいDM件数が合う会社か

実は、発送したいDM件数に合った会社を選ぶことはかなり重要です。とにかくたくさん発行できる業者に頼めば間違いがないと思われがちですが、DM発行業者にはそれぞれ得意とする発行部数帯が存在します。一般的に大型の機械設備を導入している大口専門業者が3万から5万以上の受注、小型から中型の設備を導入している中口専門業者が数1,000から10万通程度まで、3万通未満は小口業者が内職などの手作業で行っている場合が多いです。

発行部数が合っていない業者に発注しても受けてもらえないか、受注されても下請けにまわされてしまうことが多いです。そうなると直接小口に頼むよりコストがかかりますし、変更などがあった場合にうまく伝達されない可能性もあります。このような訳で、DM発行に関しては大は小を兼ねないというのが実際のところです。自社の発行したい部数に最も対応した会社を選ぶことが大切です。

専任のDM発送担当者がつくのか

専任のDM発送担当者がつくのかという点も非常に大切です。なぜなら、専任のDM発送担当者がいないと進捗状況の確認や変更、トラブル対応などに無駄な時間がかかってしまうからです。DM発送までには多くの工程を要するために、変更やトラブルが付き物です。そのため、必然的に担当者との連絡が多くなります。そのたびに電話応対者が違うのではいちいち説明をする手間と時間が発生してしまいます。そうならないためにも、専任のDM発送担当者がつくのかは最初に確認する必要があります。

DM発送代行の専門会社かどうか

DM発送代行業務を請け負うパターンには、大きく分けて3種類あります。広告代理店が広告業務の一環としてDMの発送を行っている場合、印刷会社がDM発送業務も行っている場合、最後はDM発送代行を専門業務として請け負っている場合です。広告会社や印刷会社は、それぞれ得意とする分野以外の作業を、別の会社に委託している場合があります。そのため、作業代にマージンが乗って割高になります。

一方で、DM発送代行の専門会社であれば自社で作業を行っているのでコストを安く抑えることが可能です。また、発送は郵便局などに発注しますが、常に大量のDMを発送している大口顧客のため、発送コストも安く抑えることができるのです。専門会社であることはコスト的に非常に有利といえます。

セキュリティがしっかりしているか

ある意味もっとも大切なのが、セキュリティがしっかりしているかという点になるかもしれません。DM発送の場合、無作為に投函する広告と異なり業者に顧客の個人情報を預けることになります。もし、DM発送業務を委託した業者の個人情報の扱いがしっかりしていないと、発注元である自分の会社が信用を損なうことになります。プライバシーマーク取得済みの業者や、保険に加入している業者など、セキュリティ対策が万全な業者を選ぶことが大切です。

また、発送証明書の写しを発行してくれるかどうかも重要なポイントになります。発送証明書とはDM発送代行会社が、運送会社や郵便局などにDMを預ける時に受け取る伝票のことです。数量の他、日付や発注者の社名(DM発送代行業者)、運送会社の印などを確認できます。一部の運送会社であれば追跡調査もできるので、追跡調査を希望する場合はどの運送会社を使うのかも確認しておくとよいでしょう。

売上アップに貢献できる会社か

最後に依頼する会社が、自社の売り上げアップに貢献できるかどうかはとても重要です。DMを発行する目的は、顧客のもとにDMを届けることではなく、DMを受け取った顧客が自社の商品やサービスを利用して、売り上げが上がることです。確実に売り上げアップに貢献してくれる会社に依頼したい、と誰もが思うでしょう。では、売り上げに貢献してくれる会社はどのように見分けたらよいのでしょうか。

最も重要なのは、DMのABテストをどれだけ行っているかという点です。ABテストとは、複数のデザインや内容をテストしても反響を分析し、対象に対して一番効果的なものを選出していくテストのことです。こうしたテストを繰り返してノウハウとパターンを蓄積している業者が売り上げアップに貢献できる会社といえるでしょう。他には公開されている実績を見たり、丁寧に根拠を示した上で提案してくれたりするのか、などを見極めるとよいでしょう。

 

失敗しないDM発送代行業者を選ぶには、まずデザインから発送までを一括で委託できる業者かどうか、希望する発行部数帯を得意とする業者であるかどうか、実績とノウハウのあるDMの専門会社であるかが重要です。さらに専任のDM発送担当者と密に連絡が取れること、セキュリティ対策の十分で信頼に足る業者であることを確認しましょう。そして、これらを満たしたうえで自社の売り上げに貢献してくれる実績ある業者であることが大切です。実際に発注する前に、DM発行の目的をしっかり伝えて、適切で根拠のある提案をしてくれるか見極めて業者を選びましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.08.15
売り上げアップのためにDMを発送したいが、どの発送代行業者を選んだらよいのかわからない。そんなお悩みを持つ方も多いと思います。せっかく業者に発注するからには、売り上げ貢献してくれる業者に頼み
続きを読む
投稿日 2022.07.15
DM(ダイレクトメール)は、企業が自社のサービスを顧客にアピールするマーケティング手法のひとつです。みなさんも会員登録したショップから、セールスや新製品の案内のハガキや電子メールを受け取った
続きを読む
投稿日 2022.06.15
DM(ダイレクトメール/ダイレクトメッセージ)といえば、企業が販売促進を目的として、顧客に新製品やキャンペーンなどの告知を行うマーケティング手法のひとつです。DMを有効活用にするためには、受
続きを読む
投稿日 2022.05.15
DM施策を行うにあたり、DM発送代行業者に依頼する企業も増えています。自社で作業するよりも、きれいな仕上がりになり、場合によってはコストダウンできるでしょう。ここでは、DM発送代行業者に依頼
続きを読む
投稿日 2022.04.15
5:2:2:1の法則とは、マーケティングにおける重要度を表す数値として有名です。この法則に沿って作戦を練れば、正しいマーケティングに近づくと考えられています。この記事では5:2:2:1の法則
続きを読む
投稿日 2022.03.15
DM(ダイレクトメール)を送るにあたり、ビニールの封筒と紙の封筒どちらがよいか、悩んでいませんか?DMを送る際できるだけ、より効果の高い封筒で送りたいですよね。この記事ではビニールと紙の紙封
続きを読む
投稿日 2022.03.16
  メールカスタマーセンター株式会社 住所:【本社】〒105-0022 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング21階 TEL:03-5402-3411 メールカスタマーセ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
はがきのように簡単に捨てられず、重要な内容だという印象をつけやすい封書DM。うまく利用することで、集客率や売り上げアップなどにつながっていくでしょう。とはいえ、封書DMは印刷から発送まで手間
続きを読む
投稿日 2022.01.15
一口にDMといっても、さまざまな種類があります。種類が豊富すぎてどのタイプを選べばいいかわからないと悩んでいる方も多いでしょう。DMの種類は目的と用途に合わせて選ぶことが大切。目的に合ったD
続きを読む
投稿日 2021.12.15
「DM発送代行サービスに依頼したいけど、どこがいいかわからない」と悩んでいる方も多いでしょう。実は、業者によってDM発送代行サービスの費用にばらつきがあることを知っていましたか?そこで今回は
続きを読む