東京でおすすめのDM発送代行業者をランキング形式でご紹介!口コミで評判の高い業者を徹底比較!

DMとチラシは具体的にどう違う?双方の特徴を理解しよう!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/09/16

「DMとチラシは何が違うの?」と疑問に感じている方も多いでしょう。どちらもプリントメディアとしてお客様に届けられるものですよね。しかし、DMとチラシは同じように見えて、実は大きな違いがあるのです。そこで今回はDMとチラシの違いや、それぞれを活用するメリットとデメリットをご紹介します。

DMとチラシの目的の違い

DMとチラシの大きな違いは「目的」です。

DMは特定の顧客を対象とし、それぞれが興味を持ちそうな内容を選んで発送するものです。相手によって異なる内容が送れるので、購入や契約に進める可能性も高まります。集客率をアップするためにクーポン券や特別特典を配布している場合も多いですね。

一方チラシは、不特定多数の相手に幅広く情報を届けることを目的としています。幅広い世代に情報を届けることで、新規顧客獲得を目指しているのです。相手の連絡先がわからなくても情報を届けられるので、開店したばかりのお店でも効果的な宣伝が可能です。

DMとチラシの種類・サイズの違い

DMとチラシには種類やサイズでも大きな違いがあります。DMは基本的にA6〜A4サイズで送付することが一般的。サイズはDMの種類によっても異なりますが、はがきタイプや厚紙タイプ、封筒などがあります。

一方チラシは、A4サイズで作るのが基本的となっています。ただし、新聞に織り込んで発送する際はB4やA3のチラシを作ることも。

DMを活用するメリット・デメリット

DMのメリット1つ目は情報をピンポイントで届けられることです。ターゲットを絞り、それぞれの顧客に合わせた情報を届けられるので、集客率アップやリピート客の確保、売り上げアップにもつながります。

ただ単にテキストで情報をまとめるだけでなく、カタログや資料も同封することでより多くの情報が届けられるのです。さらに、封筒タイプのDMであれば商品サンプルも一緒に同封して送付することが可能になります。実際にサンプルを使用することで、商品のよさが顧客に伝わるので売り上げアップが期待できます。

メリット2つ目は開封率が高いことです。DMにもさまざまな種類があるのですが、とくにはがきタイプと圧着タイプの開封率は高いです。

はがきタイプは裏面を見るだけなので誰の目にも止まりやすいですし、情報を効率的に伝えられるのが特徴。圧着タイプはぺりぺりと紙をはがして中の内容を見るものです。簡単にはがせる素材が使用されているので、受け手に負担となることもありません。意外と開封率が高く、圧着DMから売り上げアップやリピート客の確保につながるケースも。

ただし、DMにはデメリットもあります。それは顧客の情報がわからなければ送付できないことです。DMは顧客に直接送付するものなので、相手の個人情報を把握していなければ届けられません。どれだけ素晴らしいDMを作成しても、届かなければ意味がないのです。

さらに、DMを送付する際は印刷代だけではなく送料もかかるのがデメリット。とはいえ、発送代行業者に依頼したり大量発注したりするなど安く抑えられるポイントもたくさんあるので、うまく利用すればコストを削減しながら多くの方にDMを届けられるでしょう。

チラシを活用するメリット・デメリット

チラシのメリットは不特定多数の人に情報を伝えられることです。相手の個人情報は必要なく、誰にでも情報を届けられるのが大きなメリットだといえるでしょう。

さらに、情報が1枚の紙にまとまっているので、相手に伝わりやすいのもポイント。さまざまな情報が瞬時に目に入ってくるので、興味を持ってもらえる可能性も高いです。

店舗に置いてあるチラシの場合は保存性が高いので、持ち帰って後から閲覧される場合もありますね。新聞折り込みチラシの場合は地域や新聞を特定できるので、スーパーや飲食店の方におすすめだといえるでしょう。

一方で、興味がない方には見向きもされないのがデメリットです。興味がない方はほとんど内容を見てくれないので、販促の効果は期待できません。さらに、1枚の紙に情報を詰め込まないといけないので、届けられる情報に限りがあるのもデメリットだといえるでしょう。

さらに、新聞折り込みの場合は他の企業のチラシもあるので、紛れてしまうことも。より多くの目を引くためにも、デザインやキャッチコピー、クーポン付与などで工夫する必要がありますね。

 

DMとチラシは同じように見えますが、目的も違えばサイズなども異なります。さらに、メリットとデメリットも違うので、自分の用途や目的に合わせて選ぶ必要があります。既にお店や企業を開いていて、リピート客の確保や売り上げアップを狙いたいなら、DMが適しているでしょう。

逆に、開いたばかりのお店でまだ顧客が少ないのであれば、チラシがおすすめです。不特定多数の人に情報が届けられるので、新規顧客獲得や売り上げアップにつながる可能性が高いです。

ただし、DM・チラシどちらにもメリットとデメリットはあるので、しっかり見極めた上で選んでみてください。DMやチラシをうまく利用して、顧客獲得や売り上げアップなどを目指しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.08.15
売り上げアップのためにDMを発送したいが、どの発送代行業者を選んだらよいのかわからない。そんなお悩みを持つ方も多いと思います。せっかく業者に発注するからには、売り上げ貢献してくれる業者に頼み
続きを読む
投稿日 2022.07.15
DM(ダイレクトメール)は、企業が自社のサービスを顧客にアピールするマーケティング手法のひとつです。みなさんも会員登録したショップから、セールスや新製品の案内のハガキや電子メールを受け取った
続きを読む
投稿日 2022.06.15
DM(ダイレクトメール/ダイレクトメッセージ)といえば、企業が販売促進を目的として、顧客に新製品やキャンペーンなどの告知を行うマーケティング手法のひとつです。DMを有効活用にするためには、受
続きを読む
投稿日 2022.05.15
DM施策を行うにあたり、DM発送代行業者に依頼する企業も増えています。自社で作業するよりも、きれいな仕上がりになり、場合によってはコストダウンできるでしょう。ここでは、DM発送代行業者に依頼
続きを読む
投稿日 2022.04.15
5:2:2:1の法則とは、マーケティングにおける重要度を表す数値として有名です。この法則に沿って作戦を練れば、正しいマーケティングに近づくと考えられています。この記事では5:2:2:1の法則
続きを読む
投稿日 2022.03.15
DM(ダイレクトメール)を送るにあたり、ビニールの封筒と紙の封筒どちらがよいか、悩んでいませんか?DMを送る際できるだけ、より効果の高い封筒で送りたいですよね。この記事ではビニールと紙の紙封
続きを読む
投稿日 2022.03.16
  メールカスタマーセンター株式会社 住所:【本社】〒105-0022 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング21階 TEL:03-5402-3411 メールカスタマーセ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
はがきのように簡単に捨てられず、重要な内容だという印象をつけやすい封書DM。うまく利用することで、集客率や売り上げアップなどにつながっていくでしょう。とはいえ、封書DMは印刷から発送まで手間
続きを読む
投稿日 2022.01.15
一口にDMといっても、さまざまな種類があります。種類が豊富すぎてどのタイプを選べばいいかわからないと悩んでいる方も多いでしょう。DMの種類は目的と用途に合わせて選ぶことが大切。目的に合ったD
続きを読む
投稿日 2021.12.15
「DM発送代行サービスに依頼したいけど、どこがいいかわからない」と悩んでいる方も多いでしょう。実は、業者によってDM発送代行サービスの費用にばらつきがあることを知っていましたか?そこで今回は
続きを読む